玉ねぎネットは捨てないで再利用

丈夫な玉ねぎネットが入手できたら

上物ですぜ と報告して(誰に)取っておきます。

それが活かされるのは今。

玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
観葉植物の根が張ってきたとき。

植え替えに便利ですぜ。

玉ねぎネットを再利用して 鉢を植え替えよう

玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
ネットに熱圧着されているラベルはできる限りカットします。

中心部分は ラベルとネットの間に空間を開けるように折って

ラベルだけにハサミをいれます。

玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
ここまでカットできたら 十分に水はけは確保されるので、

今日はこの辺にしとったろか~。と新喜劇風につぶやいて

深追いせずにおきましょう。

圧着されている部分は残しておいても 大丈夫です。

玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
大量に入っているお徳用袋の鉢底石を適量いれて
玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
鉢底にセット。

今回は大きめの鉢なので 玉ねぎネット1つがちょうどいいサイズです。

その際 水はけを邪魔しそうな紐部分などは できる限り鉢の端に寄せておくのがポイントです。

上から土をいれて息苦しそうな 観葉植物を植え替えて完了。

次回の植え替え時に 背中を丸めて鉢底石をひとつひとつわけなくて済むので庭仕事がとっても楽になります。

植物によっては 根っこがネットの中に入り込んでしまうほど 力強い成長をみせるのですが、植え替え時にカットして しばらくネットごと天日干しにしておくと が乾いて 鉢底石を分離しやすくなります。

根をネットからひき抜いたり ネットごと振ると落ちてきます。
玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道

玉ねぎネットやおくらのネットを使うメリット

低コスト

なんてったって 材料費が低コスト!
普段の食材を調達するついでにネットの材料が手に入ります。
大量の鉢底石を購入して自作すれば ネット入り鉢底石を買うよりも低コストです。

耐久性

以前おくらのネットは捨てないで
でも書いたのですが

以前から このネット入り鉢底石を自作しようとして 素材をさがしていたのです。

まず試したのは 排水溝ネット

植え付けるときはよいのですが、いざ植え替えの時には 中に入り込んだ土や根っこを取り除くため ふりふりしている間に 素材が繊細すぎてすぐに破れてしまいました。
耐久性よりも 目の細かさに重点を置いた素材なので 当然といえば当然・・・・。ちーん。

そして たどりついたのが おくらネット玉ねぎネット
玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
お野菜が入っているネットは なかなか丈夫で耐久性はばっちり。
長期間土の中に入っていても プラスチック製品なので分解されず劣化することもなく、植え替え時に鉢底石を分離しやすくします。

鉢の大きさに合わせて調整しやすい

大きな鉢には玉ねぎネット

小さな鉢にはおくらのネットを数個。
玉ねぎなど野菜のネットの活用法 リメイク 使い道
などと大きさに合わせて調整できるところも利点。

鉢底石を100均で買ってきて自作すれば たくさん作れます。
おくらのネットは紐が付いていないことが多いので、細めの結束バンドを数か所通して 締めるとよいです。

低コスト

「ネット入り鉢底石」や 「鉢底石用のネット」も最近では100均ショップで販売されていますが、自作すればさらに低コスト。
なによりネット代はただ(無料)です! 主婦すきなやつ~♪

もちろん手っ取り早く売っています。

あす楽 共福産業:ネット入り鉢底石 0.5L×6袋

その他 玉ねぎ・おくらネットの活用法

リメイク 再活用が大好きな私。

検索してみたところ、
せっけんをいれる
ゆで卵を絞り出してみじん切りに。(これやる~???)
・ゆでたポテトを絞り出してマッシュポテトを作る。(これやる~~??)
ネイルアートに活用。編み目からパイソン柄が描ける。
・洗濯ものについたティッシュを撫でて取り除ける
ペットのおもちゃ

等々の使い道が出てきました。

今のところ我が家では一番にこの鉢底石ネットの使い道が重宝しています。

家じゅうの鉢の鉢底石にいきわたったら 他の方法にトライしてみたいと思います。

どなたかのお役にたてば幸いです。

また遊びにきてくださいな

つくるいえ
すみれハイツ202号室より
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました